インタビュー

魅力あふれる街「牧志」に似合う、
洗練と豊かさをカタチに。
この仕上がり、かなり自信があります。

伊佐 真吾
一級建築士事務所
株式会社デザインスタジオ琉球楽団 取締役

琉球大学工学部建設工学科卒
株式会社国建にて建築士として約14年間勤務。平成17年に株式会社デザインスタジオ琉球楽団を設立。一戸建て住宅、マンションをはじめ、商業施設やオフィス、インテリアまでを手掛け、幅広い分野で活躍中。

松原 武蔵
株式会社東豊
企画営業部 執行役員常務

分譲マンションを土地仕入れの段階から担当し、
企画営業を行う。

牧志の魅力、マンションコンセプト、交通アクセス―
理想の生活バランスが実現する「コンフォート牧志駅前」

「コンフォート牧志駅前」全体の魅力を教えていただけますか?

松原:まず、第一に牧志という利便性の高い立地です。モノレールが目の前を走り、市内線・市外線のバスが便利に使える。加えて国際通りや国道330号、国道58号へのアクセスは抜群です。衣食住のすべてが便利な都心にありながら、焼物で有名な壷屋や牧志ウガンのような歴史を感じるスポットもある。本土から移住される方が、牧志や安里、松尾などの国際通り周辺を選ぶのも納得です。東京でいうと品川のように、便利でおしゃれで情緒があって快適という、本当に魅力満載のエリアです。

「住所が牧志」という暮らしには、とてもステイタスを感じます。

牧志駅前

伊佐:マンションコンセプトも魅力ある立地に合わせ、外観はベージュ系の落ち着いたトーンにガラスやアルミなどの無機質なものを合わせ、スタイリッシュに仕上げました。
松原:センスが良く本物を知っていて、品の良い暮らしや会話を楽しみ、新しいことへのチャレンジ精神を持つチャーミングな大人の女性が選びたくなるマンション、がイメージ。もちろん、シングルやご夫婦2人、ファミリーやシニア世代など、幅広いニーズにもお応えできます。
伊佐:シンプルでモダン、そして上質な内装やカラー、間取りを実現し、「コンパクトリッチ」という発想をさらに進化させました。2LDK〜3LDK〜4LDKの6つの間取りプランで、フレキシブルに変化する住空間を実現しました。今も未来もスマートで快適な住み心地を感じていただけます。

「未来可変型マンション」というフレーズはそこから来ているんですね。

松原:このマンションは設計段階からオール電化を想定し、入居時はもちろん、将来的にもオール電化の導入が可能で、いつでも自由にエネルギーを選べます。(有償)
伊佐:さらに将来のリフォームがしやすいように、梁などを設けずに床のコンクリートスラブはオールフラットを実現。その分、スラブ厚は20㎝にし、11階建ての高さでも安心な構造設計で、耐震性もしっかり強化しています。
松原:永住性はもちろん、将来の資産価値も見込めます。人気の高いエリアですから、賃貸用マンションとして資産運用という選択も有効です。


歴史と刺激、豊かな個性と利便性が混ざり合う「牧志」の魅力

都市再開発で新しい表情も見られる牧志。楽しみ方も多彩ですよね。

さいおんスクエア

松原:牧志の便利さや魅力、そのポテンシャルを再認識できます。牧志って、スージ(脇)道に入ると、隠れ家のような飲み屋やおしゃれなカフェ、セレクトショップがあり、奉納角力が毎年行われる牧志ウガンや300年の焼き物の歴史を誇る壷屋の風情もある。さまざまな魅力が溶け合う、ディープなおもしろさがあります。
伊佐:牧志には歴史の中で熟成されたワインのような深い味わいを感じますね。私も松原さんも行きつけの飲食店がたくさんあります(笑)。
松原:そうですね(笑)。戦後、真っ先に復興した街の歴史があり、水上店舗や平和通り、公設市場、栄町市場の個性、そして再構築された浮島通りやパラダイス通りなど、エネルギッシュな魅力が満載です。マンション周辺には、徒歩圏内に宝箱のような場所多く、探検気分で街歩きを楽しめます。
伊佐:さいおんスクエアの川辺も整備され、水辺のある暮らしが潤いを運びます。マンションの植栽にもこだわっています。都心でこれだけ自然を感じられる場所はなかなかないはず。

食べ歩きや散策だけでなく、ショッピングや娯楽には最適ですね。

松原:大型のスーパー、市場が幾つもあり、デパートや大型書店も近い。日常生活の必需品から贅沢品に至るまで幅広く手に入ります。
伊佐:図書館やプラネタリウム、児童館も完備したさいおんスクエアが目の前で、趣味や子育て支援も充実。映画館や博物館他、国際通りの祭りなど、沖縄の歴史や文化に触れる機会も増えます。国道へ便利なアクセスを使って、沖縄中のまつりを見て回ったり、ゴルフやレジャーも思いのままです。
松原:ダイビングが趣味なら、とまりんから高速船に乗り、約45分で世界トップクラスの透明度を誇る座間味島へ日帰りへ!国際空港があり、東南アジアへの直行便もある沖縄は海外旅行にも便利な場所。台湾は東京よりも近いですから。

好奇心をくすぐる牧志ライフは、すごくアクティブになりそう!


めざしたのは将来にわたって「可変性」のある暮らしやすさ

このマンションは変えられる間取りが特徴とのことでしたね。

松原:はい。ライフステージの変化に合わせて間取りを変えられます。たとえばお子さまが小さいときは寝室の間仕切りを取ってベビーベッドとダブルベッドを置ける大空間に。お子さまが大きくなったら、兄弟で2つの部屋に仕切ることもできます。各部屋の収納も大きく確保し、40戸すべての主寝室にウォークインクローゼットを配しました。
伊佐:四角い部屋を四角く便利に使ってもらうために収納を確保し、梁や柱の配置も工夫しました。部屋に入ると左右に空間が広がり、天井も高く感じます。玄関、水廻り、キッチンと適材適所に収納も確保しました。

ちょっとした収納が各所にあると、実はすごく助かったりします。

松原:その点、ここではスマートにストレスなく暮らせると思いますよ。マンションは注文住宅と違い、私共が真剣にお客さまの代理人となってさまざまなニーズにお応えしなければ、ご満足いただける住宅にはなりません。常により良いものへと進化させるため、努力と研究を重ねています。このマンションにもその想いが込められています。

オプションとして人気のオール電化が選べるのだとか。女性にとってキッチンや水廻りが選べるのはうれしいですね。

伊佐:戸建住宅は新築の7割弱がオール電化といわれる時代。一般的にマンションは、管理規約上の問題や温水器のスペース確保が難しいことから対応ができませんが、ここではそれが可能です。
松原:オール電化はオプション。販売価格を抑えつつ、選択肢を多くお客さまに提供したい思いから、エネルギーを“自由に選べる”オール電化対応マンションの発想になりました。ガスを選ばれた場合でも、一度使った排気熱を再利用する給湯機「エコジョーズ」を標準装備。ガスでも電気でも、効率良くエネルギーが使える工夫がしてあります。


交通手段、お子さまの未来も「選べる」マンション

お子さまのいるご家庭に特におすすめということですが…。

松原:商業地のイメージが強い牧志ですが、生活、子育ての環境としての利便性には改めて驚かれるはずです。この場所は、モノレールはもちろん、バスが22路線通る国際通り、国道330号が徒歩圏内で通勤・通学には本当に便利です。自転車や車での移動も便利なエリアで時間が短縮でき、毎日にゆとりが生まれます。また進学塾、予備校が近隣に立ち並ぶ理想的な環境でもあります。学校が選べ、進学の選択肢が広がる意味で、この場所はお子さんの未来も選べる。子育て世代に本当におすすめです。
伊佐:官公庁や新都心にも近く、通勤も快適。そんな立地にありながら、このマンションは先進の技術と知恵や工夫を駆使して、狭さを全く感じさせないリッチでコンパクトな造りを実現。手の届きやすい価格にできました。セキュリティも万全です。
松原:子育て世代だけでなくすべての方に、都心の快適さやゆとりをぜひ実感して欲しい。暮らしに遊びにポテンシャルが高い、「牧志再発見」のワクワクするような毎日を「コンフォート牧志駅前」で手に入れてください!